日本人オタクが教える!

【保存必須】目指せ!ドイツ語マスターへの道!わかりやすいドイツ語単語の発音♡ ~読むのに大事な発音・後編~

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
第二言語がドイツ語の日独バイリンガルのオタク(笑) ライターの傍、ドイツ語圏を通じて、ドイツ語を楽しく学べるあれこれ、ドイツ語圏男性との国際恋愛に関するアレコレを提供中! 地味にドイツくんと国際遠距離なう♡

Hallo!!

ペコさんだよ!

前回は一歩踏み込んで、単語を中心に、特殊な発音のやりかたと、読み方をオベンキョしたよね!


前回⇒【保存必須】目指せ!ドイツ語マスターへの道!わかりやすいドイツ語単語の発音♡ ~読むのに大事な発音・前編~


本当これ、大変だし退屈だと思うけど侮ってはいけない!

これは、最初で覚えないといけない重要なポイントなんじゃよ。


ついでに、単語も掲載していくから、単語も覚えられちゃうという優れもの!



ペコさん、こうやってじわじわ超基礎固めをしてきた方法を、惜しみなく大公開しちゃうよ(●^o^●)


※あくまで超初心者向けだから、名詞の「性」は未記載であることをご容赦ください。

 

 

アルファベットが組み合わさると、特殊な読み方になる!

いらすとや
この前もお話のとおり、残念ながら、全部ローマ字読みの法則で終わらないのがドイツ語なのよ。

アルファベットが合わさったりすると、特殊な読み方になる!

例外の読み方がたくさん存在するので、例外を、前半と後半にわけて紹介していくね!

今日は、後半戦11個を紹介するよ!

ぜんぶ合わせると26個もある!!(数えたw)

 

おおいよね、多いけど、これは絶対覚えなきゃいけないのよ(泣)

 

残りも、ペコさんと一緒に頑張って見て行こう!

 

 

注意⑭「母音+h」は前の母音を伸ばす

どういうこっちゃねん!!!

ね!!だよね!!

 

こういう時は、単語を見るとよくわかる♪

 

単語例

  • gehen(行く)→ゲーエン
  • Aahen(都市のアーヘン)→アーヘン
  • ihn(彼の)→イー
  • Ohne(~なしに)→オー
  • Uhr(時計、時間)→ウー

 

どうだ!!!

 

母音「a,e,i,o,u」と「h」が組み合わさっていると、母音を伸ばしているのがわかるかな?

 

この並びを目撃したら、母音の音を伸ばすしるし!と覚えよう(●^o^●)

 

 

注意⑮ 「aa」, 「ee」, 「oo」は伸ばす

ドイツ語には、「aa」, 「ee」, 「oo」がつながった単語があります。

その場合、これも母音を伸ばすっていう特徴があるんだよ!

代表的な単語を見てみよう。

 

単語例

  • Haar(髪)→ハー
  • Tee(お茶)→テー
  • Boot(ボート)→ボー

 

こんな感じ!

 

これは目立つ単語だから、「お、伸ばすんだな!」ってすぐ覚えられちゃう^^

 

注意⑯「J」は英語の「y」

これね、アルファベットの読み方記事でフワッと触れたんだけど、ドイツ語は「J」が「y」の音を取るので、アルファベット「J」は「ヨット」となります。

このヨットじゃないよ!!!!!w

 

どんな単語があるのかというと、これだ!!!

ペコさん大好きなヨーグルト♡

単語例:

  • Joghurt(ヨーグルト)→ヨーグートゥ
  • Japan(日本)→ヤーパン

 

そうなの!!!

ヨーグルトが「y」から始まらないし、日本はジャパンじゃなくて、「ヤーパン」っていうんだ!!!

 

なんか不思議な感じだよね。

でも、これがドイツ語の面白いところだ!

 

 

注意⑰「ss」と「エスツェット」の発音方法

この人(笑)

でたね!鋭い「S」のやつ!覚えているかな?

 

単語の例を挙げると、

 

単語例:

kuessen(キスをする)→キュッセ

Straße(道、通り)→シュトラー

 

「ß」がついている単語と、「ss」って重なった単語があるときは、鋭く「ス」て発音しよう!

 

ß=ss

余談だけど、「ß」は「ss」とも表せるよ!

 

 

注意⑱ 語尾に「-b」「-d」「-g」は「p」,「 t」,「 k」!

 

もう本当ごめん!!

ややこしいんだけど、タイトル通り!!!

「-b」「-d」「-g」って語尾の単語を見つけちゃったら、にごらず「p」,「 t」,「 k」って発音をするようになるの!

 

単語例:

  • halb(半分の)→ハル
  • Kind(子供)→キントゥ
  • Tag(日/ひ)→ター

 

ね!?「プ」「トゥ」「ク」で終わっているのがわかったかな?

 

かんたんに図にしてみると、

  • 「-b」=「p」
  • 「-d」=「 t」
  • 「-g」=「 k」

 

これで、関連づけしやすくなったかな?

 

 

注意⑲「V」はにごらない!「f」になる

これも、アルファベットの読み方記事でフワッと触れたけど、ドイツ語は「V」が「f」の音を取るよ!!

だから、アルファベット「V」は「ファオ」となります。

 

英語だとにごっちゃうから、注意してね!

 

単語例:

Vater(お父さん)→ ファーター

 

例外がある!

本当注意してほしいのは、外来語系!

例えば、「Vanille」

ドイツ語では「ヴァニーレ」となります。

基本的には「V=f」なんだけど、そのまま「V/ヴイ」とはじまることもあるので、こればかりは辞書を引きながらチェックして、慣れることが必要!

 

 

注意⑳「W」はにごって「v」になる

これまた、アルファベットの読み方記事でフワッと触れたやつの再お出まし!

ドイツ語は「W」が「v」の音を取って、にごるよ!!

アルファベット「W」は「ヴェー」ってなるんや!!(突然の関西弁)

 

単語例はこれだな!!

  • Welt(世界)→ ヴェルトゥ
  • BMW(ビー・エム・ダブリュー/車の会社)→ベーエムヴェー

 

どうどう?

世界的有名な車・BMWも、ドイツ語で読むと全然違うし、「B」だか「W」だか、最初はわからない!!

 

「W」かどうかの見分け方は、下唇を震わせた音を取っているかどうかなんだけど、こればかりは慣れが必要(-_-)

 

 

注意㉑ 「qu」は特殊!!ドイツ語にしか無い発音!

難しいの行くね!

 

この「qu」っていうのは、ドイツ語にしか無い発音みたい。

で、これがどう発音されるのかというと

 

「クヴ」

 

わかりづらいw

 

ごめんw

 

単語例をだすね!

  • Quelle(泉、源泉)→クヴェレ
  • Quadrat(正方形、平方)→クヴァドラート

 

どうどう!?

にごる要素がアルファベットからは無いのに、単語にするとにごっているよね?

 

頭に叩き込んで覚えて、慣れるしかないので、これは要チェックの発音だよ!

 

 

注意㉒ 英語由来の単語に良くついてくるtionは「ツィオーン」

ドイツ語には、英語由来の外来語の単語がしれっと紛れ込んでいます。

大体、名詞の場合は「tion」が付いていると、「あ、英語がドイツ語化しているんだな!」っていう目印になります。

 

なんだけど!!!

 

読み方は全然違くなります。

 

単語例

  • Information(インフォルマツィオーン)→(英)インフォメーション
  • Motivation(モツィヴァツィオーン)→(英)モチベーション

 

ね?

読み方は完全にドイツ語読みになります!

 

特に、英語の感覚が強い人は、この違いに注意していけば、ドイツ語らしい読み方に近づくよ♡

 

注意㉓ 英語の外来語だからと言って英語と読み方が違う場合も!

 

あります!(笑)

 

なんかこう、微妙に違うんだよ!

単語の作りも、読み方もドイツ語だしね。

 

例を挙げると、こんなものがあります。

 

単語例:

  • Familie(家族)→ファミーリエ
  • Chef(主任、上司)→シェフ
  • Mobil(モバイル)→モビル

 

これ、やばない?

 

特にシェフ!!!

 

英語をやっていると、シェフってこれだよね??

 

絶対いると思うんだけど、ドイツの会社に入って「Chef」って言われてさ、

 

「はぁあああ?ここ会社だよね?レストランじゃなくね?

 

っていうの(笑)

 

でも、ドイツで「Chef(シェフ)」このなかの偉い人です。

こんな事例がワンサカあるから、英語強い人は本当気を付けよう!

 

ちなみに、ドイツ語のコックさんは

Kuechenchef(キューヒェンシェフ)/Kuechencheffin(キューヒェンシェッヒン)

とか、

Koch(コッホ)/Kochin(コッヒン)

といいます。

 

どうしてこの書き方をしているのかは、またどこかで♡

 

 

注意㉔ CaféとKaffeeのちがいのような例もある

本当、あとこれだけだから頑張って!!!

 

実は、「カフェ」のように、同じ「カフェ」でも、書き方で意味が変わる単語がこっそり存在しています。

 

CaféもKaffeeも、どっちも読み方は「カフェ」なんだけど、微妙に違う!

これは良く使うから、覚えてほしくて、あえてこうしました!

 

  • Café(スタバみたいなカフェテリア

 

  • Kaffee飲むほうのコーヒー)

 

 

どう?

 

字で起こせば、何となく違う?ってなるけど、会話になるとこの違いを理解しないといけないんだよ!

こんな超微妙な違いで、カフェテリアなのか、コーヒーなのかがわかれるのが、ドイツ語です。

 

ちなみに、聞き分け方は、飲むコーヒーの方が「ee」の長音の法則があるってことなんだけど、場所によってはどっちも語尾を伸ばすらしい。

ってことは、どっちのパターンも浮かび上げつつ、会話の流れで把握するっていう上級編をしないといけない!

 

覚悟しておこうぜ(笑)

 

まとめ:ルールさえ覚えれば、誰でも読めるようになる!


いやー、超大作発音のし方シリーズを、ここまで読んでくれて本当にありがとう!!

最後までついて来てくれたあなたは、本当偉い!!


ハイターッチ!!!!

 

最後までついてきたあなた!!!

メモしてくれたあなた!!!

今日は、500円の自分ご褒美をしようね!(^^)!


ドイツ語は、ありがたいことに必ず「この例外のときはこの読み」というルールがあるから、それを覚えさえすれば、読み方や発音は楽勝!

規則さえ覚えちゃえば、初めてみる単語でも問題なく読める、それがドイツ語だ!

しかし!!!

 

 

規則に慣れるまでは、辞書を引きつつ、単語の発音をチェックしていくことが何よりも大事

本当に、学習する前に、辞書を買おう!



大変だけど、単語を覚えることと兼ねてやってしまえば、その先がラクだよ♡

 

 



日々これ勉強なり!
あさひなペコ

 

 

 

ペコさんのドイツ語クラス、無料相談やってるよ!

 

最強ドイツ語クラスはあなたにチャンスを与える!

 

ペコさん作画!(2019.08)

『負けたとしても、やり直す。何度も何度も永遠に』

byドクター・ストレンジ(ドクター・ストレンジ)

 

  • 営業日:土日祝

※詳細は営業日カレンダーをご確認ください

  • 営業時間:日本時間の9:00~17:00

クラスの詳細は、メニューをチェック!

※営業時間は予告なく変更となる場合があります。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
第二言語がドイツ語の日独バイリンガルのオタク(笑) ライターの傍、ドイツ語圏を通じて、ドイツ語を楽しく学べるあれこれ、ドイツ語圏男性との国際恋愛に関するアレコレを提供中! 地味にドイツくんと国際遠距離なう♡
ペコさんのブログ新着情報をメールでゲット♡

ペコさんのブログ新着情報をメールで受信できるんだって!すごいね!!
あなたのメールアドレスを記入して購読ボタンを押すだけでOK♡

42人の購読者に加わりましょう







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ドイツ語が楽しくなるブログ♡ , 2019 All Rights Reserved.