日本人オタクが教える!

【保存必須】目指せ!ドイツ語マスターへの道!わかりやすいドイツ語単語の発音♡ ~読むのに大事な発音・前編~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
第二言語がドイツ語の日独バイリンガルのオタク(笑) ライターの傍、ドイツ語圏を通じて、ドイツ語を楽しく学べるあれこれ、ドイツ語圏男性との国際恋愛に関するアレコレを提供中!あなたのお悩みを解決する、ドイツ語の個人レッスンもやってるよ! 地味にドイツくんと国際遠距離なう♡

Hallo!!

 

ペコさんだよ!

 

前回はアルファベットを中心に、発音の読み方をオベンキョしたよね!

前回⇒【保存必須】目指せ!ドイツ語マスターへの道!わかりやすいドイツ語の発音♡~アルファベット編~

 

アルファベットの発音方法を押さえたら、第二段階!!

それは、単語を読むうえで大事な発音ルール!!

 

難しいの来たね(笑)

 

これは、最初で覚えないといけない重要なポイントなんじゃよ。

 

ついでに、単語も掲載していくから、単語も覚えられちゃうという優れもの!

 

ペコさん、こうやってじわじわ超基礎固めをしてきた方法を、惜しみなく大公開しちゃうよ(●^o^●)

 

※あくまで超初心者向けだから、名詞の「性」は未記載であることをご容赦ください

 

ラッキー!単語は基本ローマ字読み!

ラッキーなことに、ドイツ語の単語を読むのに、思った以上に苦労しなくてOK!

なぜかというと、英語と違い、基本的にローマ字読みでOKだから!

 

でも、あくまで”基本的に”ってことを忘れないように!!

 

ドイツ語には英語と同じつづりの単語がたくさんあるんだけど、それらも基本的にはローマ字読みになるから、英語強い人は注意しよ!

 

(例)

  • 「Butter」→「ブター
  • 「Bus」→「ブス
  • 「Name(ネーム=名前)」→「ナーメ

 

ね?

 

日本人からしたら、ビックリな響きもある(笑)

でも、基本は発音のコツを押さえて、ローマ字で読めばOKだから、有難いドイツ語。

 

 

それでも例外は存在する!

books-927394_640

残念ながら、全部ローマ字読みの法則で終わらないのがドイツ語なのよ。

 

アルファベットが合わさったりすると、特殊な読み方になる!

 

例外の読み方がたくさん存在するので、例外を、前半と後半にわけて紹介していくね!

 

まずは前半戦13個を紹介するよ!

 

おおいよね、多いけど、これは絶対覚えなきゃいけないのよ(泣)

 

 

注意①「R」は3種類、2通りの発音方法がある!

本当、ドイツ語の「R」くんは何かとやっかいなんだよ~~(笑)

 

「R」が入っている単語は3種類の見分け方があってな、

  1. カタカナ表記「ア」
  2. 単に音を伸ばす印
  3. うがいをするときのアレ

 

このちがいがあーる!!

 

 

発音方法の見分け方は2つ

  1. 母音が「R」のにある
  2. 母音が「R」の後ろにある

 

これで発音が変わるんじゃ!!!

 

「R」が入っている単語、1と2の場合は母音が前!

  1. カタカナ表記「ア」
  2. 単に音を伸ばす印

の単語の読み方になった場合は、母音+「R」であることがほとんど!

わかりやすいように、単語の例をあげていくね!

(例)

  • Berlin(ベルリン)=ベァリーン
  • Weimar(ワイマール)=ヴァイマー
  • Hamburg(ハンブルク)=ハンブァク
  • Guten Morgen(グーテン・モルゲン)=グーテン・(モーァゲン)

 

ね?!?!

通常のカタカナ表記と、実際発音したときに聞こえる音が違うのがわかったかな?

 

さらに気が付いた人はすごいんだけど、Berlinみたいに、アクセントのつかない【er】がつくと、母音化するっていう罠が!

 

 

「R」が入っている単語、3の場合は母音が後ろでうがい読み!

母音が「R」の後ろにあると、あのうがい読みの「R」になるんだよ!

これも単語例をみればわかるんだけど、

(例)

  • Regen レーゲン (雨)
  • Reise ライゼ (旅行)

 

ドヤアアアア!!

すごくない?!?!

 

つまり、日本語でいうほとんどの「ラ、ル、レ、ロ」読みの単語については、のどちんこを震わせるうがい読みの発音になるってわけ!

 

 

日本人の名前の読ませ方注意!!!

students-702094_640

これ、ほんとう!!本当どうしたらいいのかわからないのだけど、名前に「らりるれろ」がついているあなた!

日本のことをよく知らない人に、名前を呼ばれたときに、ムッとしないように!

 

なぜかというと、「R+母音」の法則上、うがいの時の音が混じった発音をしちゃうんだよね。

 

例えば、「るみちゃん(Rumi)」っていたら、「ルルミ」って巻いた音になる。

 

でも、彼らには悪気がないので、怒っちゃダメだよ!

 

 

注意②「ei」のある単語を発音するとき

母音「E」は、「エ」と発音するよって話をしたよね?

 

でもでも!!!

 

これが「ei」とならぶと話は別!

「エイ」ではなく、必ず「アイ」という発音になるんだ!!

 

sign-42530_640

 

(単語例)

  • eins アインス (数字の1) 
  • Nein ナイン (いいえ)

 

 

これまた日本人のお名前注意!

この「ei」の規則があって、ケイコ(Keiko)さんのように名前に「ei」が付くとき、何も知らないドイツ語圏の人からは、「カイコ」と呼ばれることが多いのよ(泣笑)

「らりるれろ」の時みたいに、ムッとせずに、相手にしっかり自分の名前を説明できるようになろう!

 

 

注意③「S+母音」は、ザジズゼゾ!

「s」は通常「サシスセソ」の発音だよね?。

 

ここでドイツ語の罠が!

「S」の後に母音(a,i,u,e,o)が続くと、濁点のついた「s(ザジズゼゾ)」に変身するんだよ!!

 

単語例:

  • Sommer(ンマー)→夏
  • Samstag(ムスターク)→土曜日

 

 

寿司

さらに一番わかりやすい例を挙げると、

「寿司=Sushi」日本を知らない人からは「

ってなっちゃうし、

 

鈴木さんSuzuki」は「ズキ

ってなっちゃうねん。

 

 

 

注意④「eu」と「aeu」はオイって発音になる!

「eu」や「aeu」と並んでいると、英語では「ユー」の様に読まれると思うんだ。

 

でも、ドイツ語はこれが「オイ」という読み方になっちゃうの!

 

(単語例)

  • Europa(オイローパ)→ヨーロッパ
  • Euro (オイロ)→ ユーロ
  • laeuten(ロイテン)→鐘が鳴る

 

 

なので、ユーロ圏共通通貨のEuro(ユーロ)は、ごらんのとおりオイロ」と読むぞ!!

 

だから、街中やレジで「オイロ」と耳にしたら、通貨のユーロのことなんだよ!

 

 

注意⑤「ie」は伸ばす!

ドイツ語の単語で「ie」が並んだときは、「イーという、伸ばした音で読まれるよ!

 

単語例:

  • Liebe (リーベ)→愛
  • Lied (リード)→歌

 

♡

ドイツ語が分からなくても良く耳にする、「愛」という意味の「Liebe」がそう!

カタカナで読むと「リーベ」という感じで、伸ばして発音するよん!

 

 

注意⑥「ch」は2パターン!ちょっと難しい

ドイツ語特有のヤツいっちゃうよ!

 

「ch」の前につく母音によって、発音が変わるんだ!

パターンとしては、この2つ!!

 

  1. 「a」、「u」、「o」、「au」
  2.  それ以外の時

 

それぞれどうなるか見てみよう!

 

① 「a」、「u」、「o」、「au」の時

この音は、母音とセットでないと、上手く表現できないのよ。

ってことで、単語を投下!

 

woman-1979272_640

(例)

  • Bach (小川)=バッ
  • Buch (本)=ブー
  • auch(~も/英語のtoo)=アオ
  • kochen(料理する)=コォッヘ

 

カタカナ表記でもわかりにくい(笑)

 

でも共通して、後ろに「ハ」「フ」「ホ」があることに気が付いたかな?

 

この場合、その前にいる母音「ア」「ウ」「オ」の口のまま、喉の奥から勢いよく息だけを出すように発音するの!!!!

 

そうすると、喉の奥から「ハ」「フ」「ホ」ってなんかゴホォって感じのが出てくると思うんだ(表現ぇ)

 

この音が近い!!

文だとこれが限界だ(笑)

 

②それ以外の時

それ以外の時もまたこれが説明しづらいんだけど(笑)

 

どんな単語が当てはまるかというと、

単語例:

  • ich(私/英語の”I”)=イッヒ
  • Milch(牛乳)=ミル
  • München(ミュンヘン)=ミュンヒェ

 

 

音の出し方としては、

静かにして欲しいときの「シー」の口の状態あるじゃん?

写真の女子みたいな感じ!

 

その状態で、喉の奥から息を強く出してみよ!

この発音方法が一番近いかな?って感じ。

 

 

注意⑦ 語尾が「-ig」となっている場合も「ヒ」の音!

語尾が「-ig」のつづりも、基本的に「ch」のパターン②と同じで、喉の奥からの「ヒ」の発音をするっていうトラップがあるよ(笑)

 

ポイント

単語例:

  • wichtig(重要/英語のimportant)=ヴィヒィッヒ
  • richtig(正しい/英語のright)=リィッヒ
  • taetig(常に)=テーティッヒ

 

 

今はふんわりでOK!応用もある!

ただし、「richtige」といったように、後に「e」がくっついた場合は、「リヒティゲ」と発音が変わるっていう更なる罠が!!

これはふんわりと、「そうなんだー」程度でおぼえとこ!

 

 

注意⑧「Sch」も小技が必要!

この「sch」という並びは、ドイツ語でちょー見かける!!

 

単語例:

  • Schnee (シュネー)→ 雪
  • schwach(シュバッハ)→弱い
  • schwimmen(シュヴィメン)→泳ぐ
  • Japanisch (ヤパーニッシュ)→日本語

 

この並びを見つけたら、シュと発音するってのをおぼえとこ!

 

 

注意⑨ 単語の頭に「sp」「st」が付くと読み方が変わる!

単語の頭に、「sp」 「st」が付く単語があるんだけど、その場合「sch」でなくても「シュプ」「シュトゥ」の音になるのよ!

 

この、単語の頭っていうのがポイントね!

water-fight-442257_640

単語例:

  • spielen(遊ぶ)=シュピーレン 
  • Stein(石)=シュタイン

 

でも、「best(ベスト)」のように、「st」が語中・語尾にまぎれている時は、ローマ字読みの「スト」となるから、注意してね!

 

 

注意⑩「t+sch」の発音は「チュ」♡

チュゥ♡

じゃないよw

まず、この並びが入っている単語を拾ってみよう!

republic-1320995_640

単語例:

  • Deutschland(ドイチュランド)→ドイツ(国名)
  • Tschuess(チュース)→バイバイ、じゃあね

 

「t+sch」ってなっていて、「sch」の前に子音「t」があるよね?

 

その場合は、発音が「チュってなるんだぜ!!

 

かわいくない?(笑)

 

 

注意⑪「x」と「chs」は「クス」と発音する

figure_hand_batsu

\エーックス/

わかる人にはわかるw

 

すんごいスルーしてたけど、ドイツ語のアルファベット「X」は、「イクス」と読むんだな。

「chs」の並びを見たら、ドイツ語読み「X=イクス」とおなじ「クス」と覚えちゃおう!

 

単語:

  • Fuchs(狐/英語のFox)=フクス

 

 

注意⑫「z」「tz」「ts」「ds」は全部「ツ」でOK!

これまたドイツ語に多いこの語尾!

下の3つが登場した単語は、アルファベット「z」の「ェット」と同じく、全て「ツ」に近い音で発音するよ!

ベルリン

単語例:

  • Platz(場所/英語のplace)=プラッツ 
  • nachts (夜の)=ナハツ
  • abends(夕方の)=アーベンツ
  • Zoo(動物園)=ツォー

 

「ds」ドイツ語ならではだから、慣れるまでは意識していこう!

 

 

注意⑬ 最難関!”pf”の発音は要注意!!

おつかれ!!!

これで最後だよ!!!!

8fce9b5cf9b42c4df8570c088213f8b8_s

でも、最後に一番難しい&慣れない発音を持ってきちゃった♡

 

あと少し、あと少し一緒に頑張ろう!

 

カタカナだと 確かにプフなんだけど、「pufu」ではない!!!!

 

おいおいペコ、何言ってんだよ、わからないよ!

 

ほんとごめんね!!!

 

わかりにくいとおもってたよ(笑)

 

じゃあ、実際に例を出してみよう。

pepper-3061211_960_720

(例)

  • Pfeffer=胡椒(英語のpepper)

 

英語だと、「ペッパー」ってよむよね?

 

でも、ドイツ語だとこの場合、子音だけで発音しないといけないの!!

「ペ」じゃないのよ!

 

よし、発音をするために、最初は頭の「P」を落とした、下の単語を発音してみよ!

 

  • Feffer (ふぇっふぁー)

 

できた??言えた??

 

じゃあ次!

 

もう一度発音するとき、「F」の口の状態で、音を出す前に口を止めてみて!

 

その「F」の口の状態から、上唇を軽く閉じた状態発音前の状態だよ!

 

そこから息を吹き出すと、「p」の音が出るから、間髪をいれずに「Feffer」と発音してみてくれ!!

 

プフェッファー

 

こんな感じ!

 

これが一番近い発音になるよ!

 

 

これは練習が必要な発音だから、すぐにはまねできないよ。

 

ペコさんもいまだにうまくできないし、覚えるまでに長時間かかった!

 

だから、もうこればかりは練習あるのみ!

一緒にがんばろう!

 

 

まとめ:ルールさえ覚えれば、誰でも読めるようになる!

achievement-3688298_960_720

いやーここまで読んでくれてありがとう!!

 

ここまで来てくれたあなたは偉い!!

ハイターッチ!!!!

 

 

ドイツ語は、ありがたいことに必ず「この例外のときはこの読み」というルールがあるから、それを覚えさえすれば、読み方や発音は楽勝!

 

規則さえ覚えちゃえば、初めてみる単語でも問題なく読める、それがドイツ語だ!

しかし!!!

規則に慣れるまでは辞書を引きつつ、単語の発音をチェックしていくことが何よりも大事。

 

大変だけど、単語を覚えることと兼ねてやってしまえば、その先がラク♡

 

 

めげずに後半も頑張って覚えて発音してみよう♡

あさひなペコ




ドイツ語圏の彼氏との悩みをがあるの?

無料相談やっているよ!

 

ードイツ語の悩み

ードイツ人/オーストリア人/スイス人(ドイツ語圏)の彼氏の悩み

ー国際遠距離恋愛の不安

ードイツワーホリの心配

ードイツ人男性との初デート、どうしよう!

なかなか人に相談でいないことって、あるよね?

そんなときは、ドイツ語のプロ、ペコさんに聞いちゃおう!

 

  • 営業日:土日祝

※詳細は営業日カレンダーをご確認ください

  • 営業時間:日本時間9:00~17:00

無料レッスンの詳細は、ココをチェック!

※営業時間は予告なく変更となる場合があります。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
第二言語がドイツ語の日独バイリンガルのオタク(笑) ライターの傍、ドイツ語圏を通じて、ドイツ語を楽しく学べるあれこれ、ドイツ語圏男性との国際恋愛に関するアレコレを提供中!あなたのお悩みを解決する、ドイツ語の個人レッスンもやってるよ! 地味にドイツくんと国際遠距離なう♡
ペコさんのブログ新着情報をメールでゲット♡

ペコさんのブログ新着情報をメールで受信できるんだって!すごいね!!
あなたのメールアドレスを記入して購読ボタンを押すだけでOK♡

47人の購読者に加わりましょう



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ドイツ語が楽しくなるブログ♡ , 2019 All Rights Reserved.