日本人オタクが教える!

ドイツの音楽は面白い!往年のポップグループ・Dschinghis Khanが面白い!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
第二言語がドイツ語の日独バイリンガルのオタク(笑) ライターの傍、ドイツ語圏を通じて、ドイツ語を楽しく学べるあれこれ、ドイツ語圏男性との国際恋愛に関するアレコレを提供中! 地味にドイツくんと国際遠距離なう♡

Guten Tag!!!

 

ペコだよ!

 

突然だけど、あなたはドイツのポップ・カルチャーをしっているかな?

 

ペコさん、オタク事情だけじゃなくて、旅日記とドイツ語とドイツ人関係の恋愛以外もそこそこ詳しいぞ!

 

ドイツの音楽も大好き!!

 

今回は、あなたが絶対に1度は聞いたことがあるドイツの伝説的ポップミュージックグループについて、紹介するよ!

 

 

彼らの名は、Dschinghis Khan(ジンギスカン)

 

【ジンギスカン 送料無料】【最高級 ラム】北海道ジンギスカン 1kg【2個注文で】1個プラス【3個注文】2個プラス!【還元セール中】北海道直送 BBQ 厚切り オマケ【北海道ブランド】北海道物産展 大好評商品!
by カエレバ

お肉じゃないよw

 

こっちだよww

 

ジンギスカン/CD/VICP-2119
by カエレバ

 

パッと見、この人たち超怪しいよねwwwww

 

でも、彼らこそ、旧西ドイツが生んだ超有名ポップグループ・Dschinghis Khan(ジンギスカン)!

 

何を隠そう、彼らはこの曲を歌っているんだよ!!

この曲は、日本でも79年以降ディスコミュージックとして大流行!!!

 

なんで流行ったのか謎(彼らってよりは、この音楽の曲調やパフォーマンスなのかな?)だけど、ペコさんと同じ年代以上のあなたは、絶対1度は耳にしていると思うんだ!

 

だって、メンバーのレスリーさん、エディナさん、そしてスティーヴさんの3人が、1995年に最初で最後の来日をしてたんだから!!

 

しかもペコさん、幼稚園の頃に、この曲に合わせて運動会でダンスしてたもんw

 

 

Dschinghis Khan(ジンギスカン)ってどんなグループ?

彼らの詳細については、ウィキ先生に聞いてみよう!

ジンギスカン(ドイツ語: Dschinghis Khan)は、1979年から1985年にかけて活躍した西ドイツの音楽グループ。

1979年にデビューした西ドイツのミュンヘン出身の男女6人組(後に5人組となる)の音楽アーティストグループ。『ジンギスカン』や『めざせモスクワ』などが世界的に大ヒットし、1979年にはドイツの映画Sunnyboy und SugarbabyでDschinghisKhanとして出演しパフォーマンスしたりもしている。

 

彼らが、80年代のドイツ・ポップミュージック界をけん引してたことが分かったかな?

 

ここでおべんきょ!ドイツの東西分断時代について!

Dschinghis Khan(ジンギスカン)が活動してた時期っていうのは、まだドイツが東と西に分かれていた、東西分断の時代。

これは、第二次世界大戦で敗北したドイツが、その土地を米英仏・そしてロシアによって分割されて、占領されていたっていう歴史があるんだよ。

 

でさ、ドイツ東西分断って、こういう風に思うじゃん?

 

 

でも、実際はこっちだよ!!

 

 

このなかでも、ベルリンに至ってはまた特殊!

この話は、またの機会にするよ♪

 

で、Dschinghis Khan(ジンギスカン)メンバーの出身地であるこの時代のミュンヘンは、青紫色でマークされている”西ドイツ”ってくくりだったのよ。

ミュンヘンはね、バイエルン州の州都だよ!

 

おっと、逸れた!

本題に戻ろう。

 

Dschinghis Khan(ジンギスカン)のメンバー!波瀾万丈のグループ史

この人たちは、本当すごい!

 

パフォーマンスも上手でさ、この踊りをドイツ時代に友達とよくマネしてたものだw

 

彼らのグループ史は本当に波瀾万丈だったの。

 

彼らのあゆみを、一緒に見てみよう!

 

メンバーが6人から5人に!

 

Dschinghis Khan(ジンギスカン)は、最初は男性4人、女性2人合計6人だったんだよね。

メンバーは、下記の通りだよ。

by カエレバ
  • ルイス・ヘンドリック・ポトギターさん(通称;大王)
  • エディナ(イダイナ)・ポップ (黄色の人)
  • ヘンリエッテ・パオリーネ・シュトローベル(ハイヒェル)(赤の人)
  • スティーヴ・ベンダー(青のスキンヘッドの人)
  • ヴォルフガング・ハイヒェル(黒の人)
  • レスリー・マンドキ(緑の人)

 

彼らは、『ジンギスカン』や『目指せモスクワ』といった有名なタイトルだけではなく、歴史上の人物や有名なをテーマにした楽曲などを歌っていました。

 

ペコさんのお気に入りは、『ハッチ大作戦』!

 

その後、われらがスキンヘッドのスティーヴさんが、1981年に脱退(´;ω;`)

なんと、理由は腰痛の悪化によるドクターストップ!!!

そりゃ、あんなむちゃぶりな振り付けをしょっちゅうやってたら、腰も痛めるわな。

 

そして、その後は5人でも精力的に活動していました。

ペコさんの大好きなドイツの妖精を題材にした歌『ローレライ』は、5人での活動後の曲です。

このころから、あの大王ルイスさんは普通の衣装になってきているというw

 

裏話!スティーヴさんの穴を埋めたのは大王!!

ここで、抜けたスティーヴさんの穴を埋めたのは、大王ルイスさんだったの!

 

これを見ればわかると思うんだけど、大王ルイスさんは声がメンバーの中でも一番低くてさ!

スティーヴさんがいたときはダンスメインだったんだけど、抜けてからはスティーヴさんが歌ってたところを代わりに歌ってたって裏話があるよ!

 

そして、さっきのビデオから4年後の1985年に解散となったのです。

 

Dschinghis Khan(ジンギスカン)復活⁉ スキンヘッドさんが動いた!

その後、時を経てスティーヴさん(青のスキンヘッドの人)が全世界にちりじりとなったメンバーを集めなおして、再結成をすることにしたんだぜ!!!

 

再結成奔走時に知る、メンバーの死

でも、メンバーのうち、真ん中で華麗なダンスをかまし、スティーヴさん脱退後に代打を担っていたルイスさんが、エイズにかかってて、合併症の末に、自分の出生地である南アフリカで亡くなったことが発覚するんだ。

 

これで、もう二度とフルメンバーでそろって、歌うことがなくなってしまったんだよね。

きっとメンバーをはじめ、特に再結成に力を尽くしていたスティーヴさんは、本当に悔しかっただろうね。

 

悲報!緑のヒゲの人・レスリーさんも不参加に(´;ω;`)

あと、緑のヒゲの人(レスリーさん)は、議員を目指していた関係で、参加ができなかったの。

当時会社経営をしていたレスリーさんは、スティーヴさんが声をかけてくれた当時、議員を目指していたんだって。

でもさ、議員になるための活動をしているときに、テレビやライブにでちゃったらまずいよね?

レスリーさん、逮捕されちゃうw

これは、政治に詳しくなくても、なんとなくわかるよね。

ペコさんもだよw

 

 

2005年、Dschinghis Khan(ジンギスカン)復活!伝説の「ロッキング・サン」

 

スティーブさんの尽力で、残りのメンバーは全員再結集!

さらに、ここですごいことが起っちゃう!

 

なんと、2005年12月に、若手のダンサーたちを迎え、新生・Dschinghis Khan(ジンギスカン)として、モスクワでライブを行うっていう快挙を成し遂げるんだよ!!!

 

しかも、規模が半端ないです。

スティーヴさんが、レスリーさんが歌ってた英語歌詞を熱唱しているところ、グッとくるよ!!!(´;ω;`)

これ、ファンの間では伝説の「ロッキング・サン」って言われているんだけど、そこまで言われるのには理由があります。

 

信じられない!スティーヴさんは余命宣告を受けていた

そう!!!!!!!!!!!!!!!!

スティーヴさん、実は余命宣告を受けていて、末期の肺がんだったんです。

 

再結成の前年である2004年の夏には、肺がんだったことが発覚、余命宣告を受けていました。

 

その最中での、Dschinghis Khan(ジンギスカン)再結成への動きなのですから、スティーヴさんにとって、Dschinghis Khan(ジンギスカン)はかけがえのない存在だったのでしょうね。

 

もちろん、メンバーはその事情を承知の上で、再結成を承諾し、ライブを行っていました。

 

そして、ライブから数か月後の2006年5月に、スティーヴさんは肺がんにより亡くなります。

ファンにも紳士的で、日本のファンサイトにも顔を出してコメントをしていたスティーヴさん。

スティーヴさんにとって、Dschinghis Khan(ジンギスカン)は、宝物だったんでしょうね。

ほんとうにありがとう。

 

その後のDschinghis Khan(ジンギスカン)は?

wikipedia先生から引用

実は、その後のDschinghis Khan(ジンギスカン)は、これまでのメンバーであるヴォルフガングさん、ヘンリエッテさん、エディナさんに加えて、新たにメンバーを4人とバックダンサーやコーラス集団を加えた、計7名でパフォーマンスを続けています。

 

さらに2018年には、本家Dschinghis Khan(ジンギスカン)とヴォルフガングさんのDschinghis Khan(ジンギスカン)に分かれて活動するという、もはや本家もよくわからない状態になっているそうです(笑)

 

本家の知らないところで、ヴォルフガングさんのDschinghis Khan(ジンギスカン)は、なんと日本を含めた世界各国ライブを計画中なんだとか!

 

迷走しているなぁ(困惑)

 

ドイツ語が分からない?空耳で楽しんじゃえばいい!

ペコさんがめっちゃ布教しているDschinghis Khan(ジンギスカン)の楽曲だけど、実は日本のカラオケにもいくつか入っているよ!w

 

もし、ドイツ人と日本でカラオケに行くことになったら、歌えたら面白いよね?w

 

でも、ドイツ語読めないし、どうしたらいいんじゃー!!!

っていうあなた!

 

大丈夫w

 

ペコさんのおすすめ動画を紹介するよ!

 

これこれw

『目指せモスクワ』の空耳もすかう』の動画だよ!!!

 

ペコさんも、Dschinghis Khan(ジンギスカン)の曲を歌いたいけど、どうしたらいいのかと思ってたら、この動画に出会ったんだよw

 

これなら、なんとなくドイツ語を学べて、しかも空耳が面白いからオススメ♡

 

面白すぎておなかもよじれるから、おそらくDschinghis Khan(ジンギスカン)の『目指せモスクワ』の原曲が気になってしょうがなくなるよw

 

 

ドイツの曲に、楽しくふれてみよ♡

 

あさひなペコ

ペコさんのドイツ語クラス、無料相談やってるよ!

 

最強ドイツ語クラスはあなたにチャンスを与える!

 

ペコさん作画!(2019.08)

『負けたとしても、やり直す。何度も何度も永遠に』

byドクター・ストレンジ(ドクター・ストレンジ)

 

  • 営業日:土日祝

※詳細は営業日カレンダーをご確認ください

  • 営業時間:日本時間の9:00~17:00

クラスの詳細は、メニューをチェック!

※営業時間は予告なく変更となる場合があります。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
第二言語がドイツ語の日独バイリンガルのオタク(笑) ライターの傍、ドイツ語圏を通じて、ドイツ語を楽しく学べるあれこれ、ドイツ語圏男性との国際恋愛に関するアレコレを提供中! 地味にドイツくんと国際遠距離なう♡
ペコさんのブログ新着情報をメールでゲット♡

ペコさんのブログ新着情報をメールで受信できるんだって!すごいね!!
あなたのメールアドレスを記入して購読ボタンを押すだけでOK♡

42人の購読者に加わりましょう







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ドイツ語が楽しくなるブログ♡ , 2019 All Rights Reserved.